従来、テレメーターを使って多チャンネルの温度を測定するには温度用トランスミッタとマルチプレクサが必要で大きさの問題や取り付けなど機器設計の煩わしさがありましたが、このほど蒲ァ山電子ではガスタービン、レシプロのディーゼル及びガソリンエンジン、ロータリーエンジンなどのユーザーのご要望から1つの超小型モジュールで6チャンネルを同時に測定できるテレメーターシステムを開発しましいた。
このシステムにはバッテリー方式のモデル876タイプと誘導電源方式のモデル872タイプがあります。受信機側の構成はシングルチャンネルレシーバーと、6チャンネルでマルチプレクサー内臓デコーダにより6点同時に温度又は電圧量(変位量)が出力されます。(モデル560BT6レシーバーにはデコーダが内蔵されています)



用途
重 工 業 タービン、ブロワ、コンプレッサー、ポンプ、ジェットエンジン、ガスタービン、ロケットetc
自 動 車 エンジン内部、プロペラ軸、アクセル軸、塗装炉、クラッチ、タイヤ、リム、ブレーキetc
鉄 鋼 圧延ミル、ロール温度、加熱炉、設備診断
電 気 モータ、ファン、発電機

特徴
■超小型で6チャンネル同時出力
■セルフキャリブレーション内臓
■冷接点補償回路内臓
■誘導電源整流装置内蔵(モデル872タイプ)
■高耐温度(125度)高耐遠心加速度(30,000G)
■V入力・mV入力による電圧量(変位量)を伝送することができます
仕様
1)モデル872
2)モデル876

システム図
1)モデル872
2)モデル876

形状
●送信部
●受信部

原理

  TOP PAGE